携帯動画変換君について

携帯動画変換君で変換中に、エラーが発生するよ・・・

回答1:マルチタスク
他のアプリケーションなどと同時に使用すると、メモリのリソース不足などによりエラーとなることがあります。
他のアプリケーションを終了させてから変換しなおしてください。

回答2:Codec不足
ビデオファイルを再生/変換するためには、Codecと呼ばれるプログラムが必要です。
エラーコード内に、"-vcodec divx", "-vcodec xvid"といった文字がある場合は、必要なCodecが欠けていると考えられます。
適切なCodecをインストールしてください。
ちなみに、エラーコード内に"-vcodec dvix"という文字がある場合はDivX、
エラーコード内に"-vcodec xvid"という文字がある場合はXviDというCodecが必要です。
(上記一例は、共に「超」が付くほど有名なコーデックですので。。。ぜひインストールしておいて下さい)

回答3:オーバークロック
CPUなどを定格以上で動作させることを、オーバークロックといいます。
この用語を知らない人はたぶん行っていないと思いますが、オーバークロックを行っている人は定格に戻して変換しなおしてください。

回答4:Quicktime
携帯動画変換君で変換作業を行う場合、Quicktimeをインストールする必要があります。
もしまだインストールしていない場合は、インストールしてから動画を変換してください。

回答5:回答1〜4の方法で解決しない場合
とりあえず、携帯動画作成君作者さんのサイトから携帯動画作成君を再ダウンロードしてみましょう。
特に今までは正常に変換できていた場合など、これで解決することもあるようです。

回答6:それでも解決しない場合
上の方法では解決しない場合、携帯動画作成君作者さんの公式サイトに行って、
自分のPCスペックや環境などを記入して、質問メールを送ってみることをオススメします。


基本的な使い方

・3GP_Converter.exeを起動するか、Setup.exeを起動して、自分の機種に合いそうな設定を選んでおく
・3GP_Converter.exeを起動する
・出力先のディレクトリを「選択」ボタンを押して決めておく(決めないとデスクトップに書き出す)
・変換するフォーマットを選択する
・変換したい動画ファイル(mpeg,avi,mov…)をウインドウにドラッグ&ドロップ(※Realその他特殊なコーデックには対応していません)
・じっと待つ
・でてきたファイルを携帯にコピー。
・ビットレートやその他設定をいろいろいじりたかったらTranscoding.iniを適当に。

携帯動画変換君とは

携帯電話で音楽や動画を楽しむには
専用のファイル形式に変換しなければなりません。
「Quick Time」や「i-tunes」などのソフトを使って変換できますが
設定や機種への対応状況などによって
せっかく変換したのに再生できないケースもあったりします。

そんな時に役に立つのが「携帯動画変換君」です。

このソフトは設定ファイルを変える事で様々な携帯に対応出来ます。
さらに動画だけでなく、音楽ファイルも作成可能。
設定ファイル(Transcoding.ini)を自分でカスタマイズすれば
目的にあったファイルも作成出来てかなり便利です。

auの携帯電話だけではなく、他社ケータイの設定も可能です。
また、様々な人がそれぞれの設定ファイルを公開してくれていますので
簡単にダウンロードして使うことができます。

設定ファイルを自作するにはある程度知識が必要としますが
慣れてしまえば簡単に変更できちゃいます。

携帯動画変換君の概要
MPEG/AVI形式などの動画ファイルを、携帯電話や“PSP”上で再生可能な動画形式に変換できるソフト。本ソフトで変換した動画ファイルをminiSDメモリカードなどに書き込み、NTTドコモの“FOMA”やauの“CDMA 1X WIN”対応端末などで読み込んだり、PCに接続した“PSP”に転送すると、変換した動画を携帯電話や“PSP”上で再生できる。パソコン側で読み込み可能な形式はMPEG/AVI/MOV/WMV形式。ただし、WMVファイルの変換時には動画のエンコード速度を高速化するスクリプト言語「AviSynth」v2.5以降をインストールする必要がある。出力可能な形式は3GP2/3GPP/MQVなどとなっており、“3GP2ファイル,音声AAC形式一般設定”などのあらかじめ用意されている全15種類の設定から出力形式を選択できる。また、設定ファイルをテキストエディターなどで編集しておくことで、任意のビットレートや解像度などで動画を出力することも可能。

【動作環境】
WindowsNT/2000/XP以降(95/98/Meでも動くかもしれません)

QuickTime for Windows 6.5.2以上がインストールされていて、QuickTime Authoringモジュールがインストールされていること(携帯電話向け変換には必ず動作に必要です)
iPod(第5世代)向け動画変換にはQuickTime for Windows 7以上が必要ですが、これはiTunesをインストールすれば自動的に入りますので通常は気にする必要はありません。

有料のQuickTime Proである必要はなく、無償版QuickTime Playerでかまいませんが、インストール時「QuickTime Authoring」をインストールしている必要があります。(これは「基本的なインストール」に含まれます。以前「最小限のインストール」をした方は追加でインストールするか、再インストールしてください)
(※QuickTimeのダウンロードはこちら

WMVファイルの変換時にはAvisynth 2.5以上がインストールされていることが必要(無くても動作はします)
(※Avisynthのダウンロードはこちら

携帯動画変換君のダウンロードはこちらから